やりたいことはバイトで実現!

実家が北海道で大学が宇都宮だったので、親から毎月仕送りをしてもらっていました。始めはいくら仕送りしたら良いのか親もあまりよくわかってなかったようで、「5万円振り込むからね。」と、さらりと言われました。

自分も月にいくらかかるわからず「ありがとう!」とお礼を言いました。しかし、家賃が4万円だったので1ヵ月目ですぐにこれではやっていけない、とわかり親に足りないことを伝えました。

次の月から、仕送りの金額を月7万円にあげてくれましたが、家賃を除いた3万円で光熱費、食費までは何とかまかなえたものの、花の大学生活、書籍代やら飲み代やら交際費がかなりかかることがわかり、すぐにバイトを始めました。

初めにやったバイトは居酒屋のホールです。17時から朝の5時まで営業しているチェーン店で、普通は早番17時~22時か遅番21時~ラストのどちらかでしたが、人が足りない日や週末なんかは「5ラ」とシフト表にかかれていて最初意味がわからず店長に聞くと「最初からラストまで!よろしく!」と笑顔で言われたのを覚えています。

結構忙しいお店で慣れるまでは大変でしたが、3ヶ月くらいした頃からホール以外にもドリンカー(ビールをついだり、デザートを作ったりする係)もやらせてもらって楽しくなってきました。

ところが、店長がかわってからシフトの組み方が厳しくなって「5ラ」x5日間連続なんてことがあるようになって、段々、大学の授業に出るのが辛くなってきたので6ヶ月目で辞めてしまいました。このバイトで月17~20万円くらい収入がありました。

6ヶ月間で貯めたお金で、自動車教習所に通い運転免許を取りました。

この経験で、バイトで稼げば自分のやりたいことができる!と味をしめ、大学4年間の間に、ビデオ屋の店員、牛丼の深夜バイト、家庭教師、塾講師、テレアポ、データ入力、パチンコ店のホール、派遣会社に登録して試食販売、車の数量調査etc…25個以上のバイトをやってお金を貯めては、車を購入したり、海外旅行に行ったり、4年間という時間を思いっきり楽しみました。

その分お金遣いも荒くなってしまい、時にはカードローンなどで借金してしまう事もありましたけどね。。。

学生借入

まぁ、今となってはいい経験だったなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>